宇宙兄弟 DVD

映画「宇宙兄弟」は本物?

2012年に公開された映画「宇宙兄弟」
同タイトルのコミックの実写化で、人気俳優にリアルな映像、JAXAやNASAの協力を得た大スペクタル映画でした。
ところで、この作品は主人公たち兄弟が一緒に宇宙に行く、宇宙飛行士になる、そんな「願い」を現実にしていく内容なのですが、作品に出て来る兄・六太(小栗旬)の子供時代を演じた中野澪君、彼は本気で宇宙飛行士になりたいと願っていました。
約200名の中からオーディションで選ばれた彼、オーディションの時、自分で書きためた「JAXAノート」4冊を見せたそうです。そこには「宇宙飛行士になるためには、日本国籍であること」と書いてあり、募集要項から書き写したと思われます。また宇宙飛行士について聞いたところ、「宇宙飛行士ってそんなに給料高くないだよね」と言ったそうで、そんな彼の「本気」に監督の森さんは「よし、この子の夢に乗っかって撮ろう」と思ったそうです。
映画では、小道具として彼のノートも登場しています。

願いが叶うかどうは、本人の強い信念。中野君は、こずかいで宇宙の関連資料を買ったり、自作のノートを作ったり、小学生だった当時からすでに夢に向かって行動しています。

願いを叶える為に出来る事はたくさんあります。お金が無くても、時間がなくても、現状で出来る事は人それぞれあるハズです。

貴方も願いが叶うように行動をはじめましょう
本日もお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト